top/works  news  about

 

2つの家と庭

実家に隣接した郊外の広い敷地を最大限活かすため、親世帯の敷地を単なる隣地として扱うのをやめて、2つの土地を合わせた大きな敷地に2つの家と庭を配置する、という考え方で庭と家の位置関係をデザインしました。既存の親世帯の住宅と新しい子世帯の住宅、2つの住宅が、広い庭を共有しつつも、見合うことなく自然な独立性を保てるようにしています。 庭は、いろいろな楽しみ方ができるよう、緑豊かな庭と、道路側のハードコート、2つの性格を持たせています。リビングは緑の庭に面しており、庭の一部に屋根を掛けるイメージで、室内から庭を連続して感じられるようにしています。 ハードコートにも同様に屋根を架け、駐輪駐車場や、エントランスのベンチスペース、トレーニングスペースとしています。

作庭:山崎広介箱庭設計

庭から見る

リビングから庭を見る

共有の庭夜景

リビング

エントランス

窓辺 二階からリビングを見る

ダイニング

撮影:中村絵